新型プリウス グレード

新型プリウス、2015年12月9日に発売されますが、グレード体系が既に雑誌等で公開されているので紹介したいと思います。

・E(2WDのみ)
 一番価格、値段の安いグレードがこの「E」です。唯一、ニッケル水素電池ではなく、軽量化につながるリチウムイオン電池を採用して、さらにガソリンタンクにウォッシャー液のタンクまでサイズを小さくして軽量化することで、カタログ燃費といわれるのJC08モード「40km/L」の燃費を達成しています。
 ただ、そのほかにもエンジン騒音を抑えるサイレンサーを削るなど、個人所有ではちょっと満足度が低いはずです。主に営業車として使う法人ユーザー向けと考えていいかもしてません。今回注目されている4WDの「E-four」モデルも設定されていません。「トヨタセーフティセンスP」はオプションで装備可能。

・S(2WD/4WD(E-four))
  燃費向上のために「E」で省略された装備が付いてくる、標準グレードにあたるのが「S」グレード。ステアリング(ハンドル)には、昇温・降温抑制機能が付いて、リヤスタビライザーも装備。個人所有であれば、このグレードがおすすめといわれることが多いが、注目されている自動ブレーキなどを含む、「トヨタセーフティセンスP」はオプション扱い。

・Sツーリングセレクション(2WD/4WD(E-four
 「S」に、17インチのアルミホイール、専用リヤバンパー、快適温熱シート等を装備する、走りや見た目にこだわる方のためのグレード。タイヤサイズが変わるので、標準グレードとの乗り心地の違いは確認したほうがよさそう。

・A(2WD/4WD(E-four
 現在の「G」に相当する上級グレード。「トヨタセーフティセンスP」も標準装備されて、雨滴感知ワイパー、ドアミラーヒーターなどの快適装備に、内装もホワイトのコンソールに代わり、エアコンの噴出し口にアクセントカラーが入るなど豪華になる。カラーヘッドアップディスプレイ、ブラインドスポットモニターなどの機械的な装備も充実する。

・Aツーリングセレクション
 
「S」にもあるツーリングセレクションが「A」にも設定されています。「A」には無い、17インチのアルミホイール、専用リヤバンパー、快適温熱シート等を装備。

・Aプレミアム(2WD/4WD(E-four
 「A」にさらに、本革巻ステアリング、本革のパワーシートなど装備。他のグレードでオプションのアクセサリーソケットも標準装備。

・Aプレミアムツーリングセレクション(2WD/4WD(E-four))
 いわゆるフル装備のグレード。ツーリングセレクションの見た目を中心にした装備に加えてプレミアムの快適装備を搭載。

と、書いていましたが、また実際のカタログ等がわかったら詳細を更新します。

上級グレードの豪華な新型プリウスでも安く買うにはこちらをどうぞ。

>>

プリウス 値引き

© 2016 プリウス 値引き rss